売りたい物件が相場と比べてどれくらいなのか知るためには

売却相場価格は簡単に調べることができるのか

自分の家を今売ったら一体いくらになるんだろう?相場ってどれくらいなの?

これは不動産を売る時に100%思うことですよね。相場価格が分かれば自分の家が値付けされた時に高いのか安いのかを判断する材料のひとつとなります。

ネットの情報では、

  • 地価の価格情報を調べよう
  • 市場動向を調べよう
  • 国土交通省の土地情報総合システムで調べよう

といった情報が出てきますが、正直こんなこと言われても難しくてよく分からないですよね。実はもっと簡単に調べる方法があります。

不動産売却相場を簡単に調べる方法3つ
  1. 無料サイトを使って簡単に調べる方法
  2. 近隣情報で調べる方法
  3. ネットの無料査定で相場も併せて調べる方法

もっと簡単に調べる方法について、

これで十分事足りるため、この3つを分かりやすくまとめました。

(見たい人用に念のため国土交通省での正確な調べ方についてもまとめました。

①無料サイトを使って簡単に調べる方法

一般的な方法として、不動産情報サイトを使って売却相場価格を調べることができます。情報サイトはたくさんありますが、ネットでよく見る大手の不動産情報サイトで現在売り出されている物件の情報がリアルタイムで価格を見ることができるので便利。

たとえばスーモ、やアットホーム、goo住宅・不動産などが使いやすいですね。

ここではスーモ(SUUMO)を使って調べる方法を紹介します(ネットで「スーモ」と調べれば出てきます)。

ここでは中古一戸建てを事例として調べてみます。
(実際に調べる場合は自分の不動産が該当する区分(新築マンション、中古マンション・新築一戸建て、中古一戸建て)を選択してください。)

スーモのトップページ
中古一戸建を選ぶ

続いてエリアを選択、例えば東京ならさらに23区や該当する市町村をクリックすると現在売り出しされている物件情報が出てきます。

選択エリアの売却物件情報一覧
安い順に並び替える

例えば土地の値段なら、売出し価格を坪数で割れば坪単価が出ますよね。自分が住んでいる周辺地域の坪単価さえ把握しておけば、ある程度の相場価格は掴めるため実際に査定してもらった時に不動産屋さんが出した見積もり価格と照らし合わせることもできます。

つまり、査定をする段階で坪単価は向こうに伝えてはいけないということも言えますね(言ったら安く出された際に交渉しにくくなる)。

自分の物件と近い情報をより細かく設定することもできるし、近隣地域の物件情報も全て洗い出すことができるので便利。無料で使えるのもいいですよね。

②近隣情報で調べる方法

街の不動産会社
不動産屋店頭に張り出されている物件情報

自分が売りたい物件の相場価格を知る方法として一番実感しやすいのが、実際に自分の足で歩いて目で見てみたり、投函されるチラシを意識的に集めておく方法です。

自分が住んでいる地域の不動産会社には必ずと言っていいほど現在売却中の物件情報が張り出されています。商店街や駅前の不動産会社の前に行くだけで、これらの情報を簡単に見ることができます。

また、こういった売出し物件は必ずポストにもチラシとして投函されたりもするので、いつもは捨ててしまうチラシも情報データとして取っておいても良いですね。

チラシ情報は新築以外は結構売れ残り物件だったりもするためあくまでも参考程度に。売れないから宣伝してるってことです。

③ネットの無料査定で相場も併せて調べる方法

不動産一括査定サイト

アットホームやスーモを使って売却相場価格を調べれば、大体の相場感が掴めます。その上で、実際に売る、売らないは一旦置いといて、実際の不動産屋さんに査定をしてもらうことがおすすめ。

今はネットで申し込める無料一括査定サービスがたくさんあり、一度の情報入力であなたの売りたい不動産をぜひ査定させて欲しい!という会社を効率よく集めることができます。

実際の不動産屋さんに査定してもらえば、リアルな相場価格が把握できるため、もっとも現実的な価格を知ることができるのは言うまでもありません。

一括査定の中でも人気の高い「イエウール」なら、一度で1200社もの不動産会社に対して査定見積もり依頼を出すことができるのでおすすめ。

公式HPにも記載がありますが、一括査定を使っただけで500万円も差額が出た事例があったりします。

一括査定は実際に売らなくてもいいので、価格を把握したい、相場よりも高ければ売りたい、希望価格を満たしているなら売りたいなど、自分のニーズに併せて活用できるため便利。

※補足:国土交通省のサイトで相場価格を調べる

国土交通省:土地情報総合システム
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

国土交通省では、不動産を購入した人に対して四半期ごとにアンケートを実施、実際に売買された情報を発表しています。

平米単価や坪単価、面積などが分かるようになっていますので、相場価格として参考にすることが可能です。

まとめ

相場価格を把握しておくことは重要ですが、自分が売りたい不動産価格はさまざまな条件によって変わります。

立地、家や土地の大きさや坪数、その時の公的価格などで大きく左右されます。駅からどれくらい離れているのか、南向きなど方位はどうか、周辺事情はどうか、利便性はどうかなど挙げればキリがありません。

実際に査定をしてみなければ、ある意味相場も役に立たない価格とも言えますので、一度は一括査定を使ってみるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました